介護という 親から最後に教わること

砂ずりと手羽先が大好きな中年男の介護日記

葬儀で再会した義伯父の本音【自宅介護】

花束の写真"

 

お疲れさまです。ずり手羽です。

 

先日、義叔父の葬儀に参列しまし

た。子供の頃によく顔を見ていた

だけでそれ以降ほとんどお会いす

ることがない方でした。それもそ

のはず義叔父はその頃から病気を

患い入退院を繰り返されていたと

のこと。長い闘病生活。ご本人は

もちろんのこと家族のご苦労もあ

ったことと思います。ご冥福をお

祈りします。

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

 

話は変わって・・・

 

親類縁者の冠婚葬祭でのシーンで

よくあるのはいわゆる「こういう

時にしか会わない親類と話す」こ

とですが今回も参列の席が隣にな

った義伯父と話をすることになり

ました。このたびのことをひとし

きり話した後、話は自然と義伯父

の健康についての話へと・・・。

 

 

お久しぶりです。義伯父さん相変

わらずお元気そうですね。よかっ

たです。

 

久しぶりだな。遠いところ来てく

れてありがとう。自分はおかげさ

まで元気だよ。昨日も裏の自分の

山で仕事をしたよ。あまり悪いと

ころも無くて齢は87になったよ。

 

そうですか。それは素晴らしい。

これからも元気で長生きして下さ

いね。

 

ありがとう。でもね元気でいるの

いいんだけど正直元気が無くて

ね。

 

どうしてですか?

 

いやね。長生きはいいんだけど

が良かった友人や知り合いがみん

な先に逝ってしまって周りに誰も

いなくなってしまってね。うちの

(伯母)もいるけどこれまた調子

悪くて。なんだか毎日さみしい

・・・。

 

 

義伯父の話を聞いてその時は後の

言葉に詰まってしまいました。い

までも義伯父のその言葉が耳に残

っています。

 

長生きとは何なのか。

その本人における長生きとは。

そして、その本人の周りは・・・。

 

私は当分の間、その答えは出せそ

にありません

 

また一つ、自分の人生においても

あらためて考えてみるべきテーマ

教わったような気がします。

 

義叔父さん、そして義伯父さん、

ありがとうございました。

ではまた。

 

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ にほんブログ村 介護ブログへ
FC2ブログランキングへ