介護という 親から最後に教わること

砂ずりと手羽先が大好きな中年男の介護日記

使っていないスマホの再利用という試み【自宅介護】

スマホの写真

お疲れさまです。ずり手羽です。

 

みなさんのお宅では薬の管理

どなたがされているでしょうか?

 

私の場合は、

母が自分で薬の管理ができません。

時間が来ても自分から

飲むことができません。

 

<薬を飲む>ことに気付けないのです

 

ですので、毎日、毎日、朝昼晩、

時間のたびに部屋まで言いに行きます。

食事と結び付けられない事情も

ありまして、この形です。

 

 

 

「薬の時間だよ」

(これは本当に面倒だと思います)

 

 

 

この間、ふと思い付きました。

 

スマホのアラームが使えないか

 

今では、機種変更した後の

使っていないスマホが家に

1台や2台は転がっている

のではないでしょうか。

このスマホが使えないか

と言う訳です。

 

 

早速、朝昼晩の時間を

セットして音量も少し大き目。

バイブもセットして母へ

渡してみました。

「これね、薬を飲む時間が

来たら音が鳴るからね。

部屋に置いててね。」

 

 

そして薬の時間が来ました

「ピーンポーン、ピーンポーン」

 

 

母「これが鳴り出したよ」

 (予想通り母が部屋から出てきました)

 (部屋への引き籠り解消にもなるかも)

 

 

私「そうそう、鳴ったでしょ。

これが鳴ったら薬を飲む時間と

いうことだからね」

 


母「・・・止めるにはどうするの?」

 


私「止める・・時はね、ここを・・・」

 (うっ、そっちかあ。そう来たか)

 (うまくいかないものですね)

 


と、いうことで、

アラームを使い始めましたが

今はまだ、鳴っているアラームを

止めるのに精一杯

なってしまっている母です。

 

 

これから先、ちゃんと止められる

ようになった”暁には”

<アラーム>と<薬の時間>が

結びついてほしい

信じています。

 

この状況は

また後日報告したいと

思います。

 

 

過去のブログ記事からも

分かるように私のポリシーは

できる限り、本人達に

”気づき”を与えていきたいなと

思っています。

 

 ではまた。