介護という 親から最後に教わること

砂ずりと手羽先が大好きな中年男の介護日記

デイサービスの一日体験【デイサービス・デイケア】

送迎風景の写真

お疲れさまです。ずり手羽です。

 

いよいよ、一日体験の当日です。

 

朝から緊張気味だった

私と両親の前に予定通り

朝9時きっかりに

送迎バスが到着(自宅前)

さすがです。

 

優しく元気なスタッフの方に

誘導されながら

照れくさそうにバスに

乗り込む両親の背を見ながら

 

「あぁ、いよいよ二人とも

あんな齢になったんだなあ」

となんだか

目頭がじ~んとした

ワンシーンでした。

 

で、この日は完全に

本人達の一日体験なので

私はそのバスには

一緒に乗っていけません。

時間をおいて自家用車で

施設までいくことに

していました。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ

 

施設での一日の流れは

だいたい次の通りとの

ことでした。

 

※どこのデイサービスも

同じ感じなので参考に

なるかと思います。

 

----------------------------------------------------------

8時~9時    出発(自宅まで迎え)

9時~12時   健康チェック、入浴

12時~13時半 昼食

13時半~15時 体操・運動および

          レクリエーション

15時~16時半 おやつ・休憩

16時半~    帰宅(自宅まで送り)

----------------------------------------------------------

 

私の場合は昼食前くらいから

おやつの始まりくらいの

様子を見に行きました。

 

到着後、さっそく遠巻きに

その様子(一部)を

覗いてみると・・・

 

 

<母>

午前中のレクレーションに参加。

隣の席の女性となにやら談笑中

 

<私(心の中で)>

ほお、いいじゃない。笑ってるね。

いいよ、いいよ。そうやって

他人と会話(交流)するのが

脳を刺激していいんだからさ。

 

<父>

ちょうど風呂から上がったところ。

昼食を済ませて体操にも参加。

 

<私(心の中で)>

好きな風呂も満足のよう。

まずまずかな。

緊張してる?

少し口数が少ないかなあ。

 

 

ここの

「父の口数の少なさ」

というのがその後の

大きなポイントなる

ことになりました。

 

緊張した一日体験も

あっいう間に終わって

おおむね16時頃に

無事に二人は

帰ってきました。

 

「お帰りなさい。

今日一日がんばったね。

朝も早かったので

疲れたでしょ。

俺も施設に行ったの

気づいてた?」などと

二人を労いながら

夜の反省会へと

移っていきました。

 

 

私が施設に確認したこと

 

風呂場(滑る?段差は?など)

マッサージなどをして貰えるのか

・全体の利用者人数 など

 

その後の夜の反省会で

分かることになりますが

まだ他にも確認した

ほうが良いポイント

がありました。

 

 

この続きは次の記事で。

ではまた。

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログへ

デイサービス体験用に準備したグッズ【デイサービス・デイケア】

デッキシューズの写真

お疲れさまです。ずり手羽です。

 

社会福祉士さんへデイサービスの

一日体験を申込んだその日の夕方

 次はデイサービスのスタッフの方から

電話連絡がありました。日付の確認と

当日必要なものの連絡でした。

 

体操やゲームなどがあるので身軽な服装

(普段着でよい)であればいいです、

とのことでしたが、それでも2点ほど

準備して欲しいとのことでした。

 

 ◎入浴用タオル(擦り用)と着替え

 ◎上履き

 

 

上履きって、あの???

たまたまその施設特有だったのですが

外から施設に入る際に靴を履きかえる

ということでした。

 

でも、いざ上履きが必要と言われても

持っていないこともありますよね。

このあたりは事前の確認が必要です。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ

ちなみに上履きのイメージは

子供の頃に履いた先端が

赤や青のあの上履きです。

ホームセンタや靴屋で

大人の上履きとして

普通に売ってましたよ。

 

ということで、後日必要なものを

整理してデイサービス体験までに

準備することになりました。

 

 

準備したものは・・・

 

 ◎上履き写真のもの

うちは結局、安価なデッキシューズ

と介護シューズ(?)にしました。

 

 ◎手提げバックこれもないかも

 ◎下着、靴下(やっぱり新品かと)

 ◎ジャージ(くたびれたので)

 ◎入浴用タオル関係(古かったので)

 

 

いろいろ書きましたが

そんなに気合を入れなくても

いいと思います。

ポイントを押さえれば

あるもので十分。

 

第一、買い物が大変ですからね。

私は結構時間が

掛かっちゃいました。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログへ

デイサービス一日体験の申込み【デイサービス・デイケア】

社会福祉士スタッフのスタッフの写真

お疲れさまです。ずり手羽です。

 

地域包括支援センターに行った日

私どもを担当してもらう

社会福祉士に方に私の両親の

状況や自宅での介護状況

介護サービスの説明の依頼

またデイサービスやデイケア

利用したいという意向などの

話をさせて貰いました。

 

やはり普段から沢山の話を

聞かれているようで

社会福祉士さんからは

私の話を元にわかりやすい

介護サービスについての

説明とさっそく両親に合った

自宅から近いデイサービス

およびデイケアの施設候補を

パンフレットとともに

具体的にいくつか紹介して

頂きました。

 

さらには「施設利用は初めて

になるのでまずはどういった

内容か雰囲気などを知るためにも

見学か一日体験をされませんか。

今からこの場で施設と調整しますよ」

とどんどん具体化していきました。

 

しかし、やはり両親の意向も

最終的に確認をしたかったので

その日はパンフレットなどを

頂いて帰り、次の日に

社会福祉士さんに正式に

一日体験の申込みをしました。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ

この時のノウハウは・・・

 

地域包括支援センターには

 介護保険被保険者証および

 介護保険負担割合証を持参する。

 

 

◎デイサービスとデイケアには

 目的の違いがある。

 

 デイサービス→余暇活動

 デイケア機能改善(リハビリ)

 

 

◎見学と一日体験には違いがある。

 いずれも無料。

施設の決定も必要無いので

まずはできれば体験をしてみて

その後別施設を見学をする

パターンがいいかも。

 

 見学 →施設からの送迎は無し

短時間程度の施設内見学

 体験 →施設からの送迎は有り

実際に朝から夕まで

施設で一日を過ごす

 

 

◎デイサービスとデイケアの施設は

 自宅付近にも数多くあり初めから

 自分のみで候補を探すのは難しい。

 素直に専門家に託すほうが賢明。

 

 

デイケアは既に別に病院・施設の

 通所リハビリを受けている場合は

 複数個所の通所はできない。確認要。

 外来通院におけるリハビリは対象外。

 ※うちの父は外来通院しています。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログへ

地域包括支援センターを初訪問【デイサービス・デイケア】

メモの写真

お疲れさまです。ずり手羽です。

 

「本格的に介護が始まったらまずは

住んでいる地域に地域包括支援センター

あるのでそこに相談に行くといい」

 

ということは以前から知人や

役所などから聞いていました。

 

しかし実際には両親の要支援の認定が

おりてデイサービスを利用したいと

思ってはいたものの何となくズルズルと

1年以上経過してしまっていました。

 

「まだ通所は早いかな・・・」

「通所手続きなども面倒だろうな・・・」

 

と感じていたことも確かで

結果的にも結構大変だったのですが

これから介護を。。。という方に

アドバイスしておきます。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ

 なるべく早く一度地域包括支援センター

行ったほうが絶対に得です!

 

電話で予約して行くだけ。

もちろん相談無料です。

訪問理由は何でもいいんです。

介護は初めてなので基本を教えてとか

どんなサービスがあるのかなど。

 

 

あと私が一番メリットがある
感じたことは

 

自宅に介護が必要な高齢者が

 同居していることを

公的に知ってもらえる

 

毎日の対応が大変だということを

 理解してもらえる

 

ことでした。

 

 

私の場合はこじんまりとしたセンターで

初めに対応していただいたのは

社会福祉士の方でした。


とても親身に話を聞いて貰い

気分的にも楽になりました。

 

何も知らない私は、初めから

ケアマネージャーの方とやりとりを

するものだと思っていたのですが

ケアマネージャーさんはその後の

通所するデイサービスが決まった

段階から登場されました。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログへ

初めてのデイサービス・デイケア通所までに何をしたか【デイサービス・デイケア】

ウミガメの写真

ご無沙汰しています。ずり手羽です。

久しぶりのブログ更新です。

 

この3ヶ月は私事と合わせて

介護関係もとても忙しい3ヶ月間でした。

現在は両親ともなんとか3回目の

デイサービス通所まで漕ぎつけています。

 

今回はそこに至るまでの

“頑張った道のり“

時系列に整理してみました。

 

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ

--------------------------------------------------

 ・地域包括支援センターへ初相談

 

・デイサービス体験の申込

 ・デイサービス通所の準備(買い物)

 ・デイサービスの一日体験

 

  ※母の入退院(持病にて)

 

 ・他のデイサービスの調査

・他のデイサービスの見学の申込

 ・他のデイサービスの見学

 

 ・地域包括支援センターとの契約

  (社会福祉士、ケアマネージャー)

 ・デイサービスとの契約と担当者会議

  (看護師、介護士

 

 ・デイサービス通所(初回)

 ・デイサービス通所(2回目)※父のみ

 ・デイサービス通所(3回目)

--------------------------------------------------

 

これから追っかけの更新となりますが

上記の内容を中心に経験したことを

簡単に残していきたいと思います。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログへ

使っていないスマホの再利用という試み【自宅介護】

スマホの写真

お疲れさまです。ずり手羽です。

 

みなさんのお宅では薬の管理

どなたがされているでしょうか?

 

私の場合は、

母が自分で薬の管理ができません。

時間が来ても自分から

飲むことができません。

 

<薬を飲む>ことに気付けないのです

 

ですので、毎日、毎日、朝昼晩、

時間のたびに部屋まで言いに行きます。

食事と結び付けられない事情も

ありまして、この形です。

 

 

 

「薬の時間だよ」

(これは本当に面倒だと思います)

 

 

 

この間、ふと思い付きました。

 

スマホのアラームが使えないか

 

今では、機種変更した後の

使っていないスマホが家に

1台や2台は転がっている

のではないでしょうか。

このスマホが使えないか

と言う訳です。

 

 

早速、朝昼晩の時間を

セットして音量も少し大き目。

バイブもセットして母へ

渡してみました。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ

「これね、薬を飲む時間が

来たら音が鳴るからね。

部屋に置いててね。」

 

 

そして薬の時間が来ました

「ピーンポーン、ピーンポーン」

 

 

母「これが鳴り出したよ」

 (予想通り母が部屋から出てきました)

 (部屋への引き籠り解消にもなるかも)

 

 

私「そうそう、鳴ったでしょ。

これが鳴ったら薬を飲む時間と

いうことだからね」

 


母「・・・止めるにはどうするの?」

 


私「止める・・時はね、ここを・・・」

 (うっ、そっちかあ。そう来たか)

 (うまくいかないものですね)

 


と、いうことで、

アラームを使い始めましたが

今はまだ、鳴っているアラームを

止めるのに精一杯

なってしまっている母です。

 

 

これから先、ちゃんと止められる

ようになった”暁には”

<アラーム>と<薬の時間>が

結びついてほしい

信じています。

 

この状況は

また後日報告したいと

思います。

 

 

過去のブログ記事からも

分かるように私のポリシーは

できる限り、本人達に

”気づき”を与えていきたいなと

思っています。

 

 ではまた。

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログへ

<ちょっと休憩>シルバー川柳【自宅介護】

本の写真 

お疲れさまです。ずり手羽です。 

 

私は一息つくときに、お茶や

コーヒーを飲みながら新聞を

見ることがよくあります。

とくに紙面下の書籍欄を見るのが

お気に入り。

 

先日も何気に書籍欄に見ていると

今や超有名なタレントさんになった

”ひふみん(加藤一二三)”さんの

満面の笑みが目に止まりました。

 

 

ひふみんこと  加藤一二三さん大絶賛!

シルバー川柳7

寝坊して雨戸開ければ人だかり

1,080円

 

 

これ面白そうだな。

”ひふみん”は昭和15年生まれで

二人と同世代だし。

その”ひふみん”が推薦なら良いかも

 

 

というのも、

 

 

最近、親父やお袋が心底

笑った声聞いてないなあ

 

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ

 

と感じていた私は、二人を大笑いさせる

”一発”をちょうど探していたのでした。

 

で、早速購入。

読ませてみたところ、これがなんと

ドッカ~ン!ビンゴ~!!

だったのです。

 

 

短い文(17文字)なので読みやすい

 

大きな文字で1ページ一句ずつ

書かれていて読みやすい

 

自分たちの日常とダブる句が

たくさんあって面白い

 

 

らしく、それこそ”大絶賛”でした。

 

 

買ってよかったですね。

あんなに涙を流しながら

大きな声を出して笑っている

二人を見るのは本当に久しぶり

だったような気がします。

 

 

日頃同じ屋根の下にいるものの

なかなか共通の話題も無く

コミュニケーションが、という時

こういうアイテムを利用するのも

有効だなとあらためて感じた

ワンシーンでした。

 

それになにより、

この本、かなり笑えますよ。

本当にお薦めです。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ にほんブログ村 介護ブログへ